江戸川病院スポーツ整形外科|東京都江戸川区・葛飾区・千葉県市川市|膝・肘・肩の痛みなどご相談ください。|スポーツ整形外科ブログ

2016年3月25日、東京ドームシティホールで巌流島という格闘技のイベントがあり、リングトクターとして参加致しました。他院医師1人、当院看護師1人、ちょうど慶應のスポーツ医学総合センターに留学していたアメリカ人の方も本日のイベントに参加していただき、3(+1)人体制で臨みました。大会は非常に盛り上がりをみせ、それに伴い試合も白熱し、KOが立て続くような展開で、我々も気が抜けませんでした。やはり、格闘技ですので、頭部打撃に伴う脳震盪は多く見られましたが、中には脳震盪後にも数発の打撃を受けいていたケースもありましたので、若干不安がありました。直後の診察では、明らかな神経学的異常所見は確認できませんでしたが、気分不良の訴えございましたため、医療機関へ搬送と致しました。その他にも、短期間の逆行性健忘や、顔面の陥没骨折、中手骨骨折等の外傷等みられましたが、総じて重篤なケースはございませんでした。今回は3(+1)人でうまく助け合いながら診療できましたが、医療の面でもチークワークは重要であると実感しましたし、怪我をした際に滞りなく医療機関への橋渡しもしていただけたスタッフの方々のサポートがあり、非常に助かりました。イベント自体は非常に盛り上がったと思いますので、今後も我々としては、診療の面でサポートできたらと思っております。

S__4669450

 

スポーツ医学科

医師  岩下 孝粋