江戸川病院スポーツ整形外科|東京都江戸川区・葛飾区・千葉県市川市|膝・肘・肩の痛みなどご相談ください。|スポーツ整形外科ブログ

前回お知らせしましたように今回から水分補給についてのお話をしていきたいと思います。

まず初めに、だいぶ耳慣れしたと思いますが『熱中症』のことを少し述べさせて下さい。

夏の山は越えましたが、まだまだ日中は気温が上がり秋季大会など大会シーズンになってきます。運動をすると体内は45度まで上昇するといわれており、体温が上昇するのを防ぐように汗をかきます。失われた水分を補わな脱水になり、体温調節能力が低下します。それにより熱中症を発症しやすくなります。

のどが渇いた時にはすでに脱水は始まっています。日常から、のどが渇く前に水分補給をするクセをつけましょう。

〈熱中症〉

Ⅰ度(軽度) めまい・失神・立ちくらみ・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗全ての症状が一気に出わけではなくこれらの症状が単独または複数出たりします。

Ⅱ度(中程度) 頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感 力が入らない、疲労感が抜けない、ダルイなどの症状。

Ⅲ度(重度) 意識障害・痙攣・手足の運動障害・高体温Ⅱ~Ⅲ度の症状で自ら水分補給ができない状況になってしまったら迅速に病院に搬送してください。

Ⅲ度の時には救急者を呼ぶことをためらってはいけません。

[対処方法]

まず、『冷却』

*意識があれば水分を飲ます

*パンツ一枚にさせる

*霧吹きなどで身体の表面に水をかける&冷たいタオルで冷やす

*うちわなどで風をあてる*頭・首の両脇・脇の下・太ももの付け根を氷嚢で冷やす(リンパ管の多く存在する箇所)

熱中症は死に至ります。表面の温度が下がっても体温が高ければまだ安心はできません。徐々に調節をしていきます。練習や試合時に、体重が2%以上減少してしまったらパフォーマンスは確実に落ちます。

「いつも」ではなく急に症状が出ることも要注意ですが「いつも」となってしまい見逃してしまっていること方が危険です。

みんながなる可能性がある、ということを前提に考えてほしいと思います。

先ほど述べました体重の測定をぜひ行ってみてください。計るだけではなく、自分で判断ができるようになる教育が必要ですね。

 

次回は、運動能力を引き出す水分の摂り方について です。

リハビリテーション科 理学療法士 榊原 加奈