江戸川病院スポーツ医学科(東京都江戸川区)|かつしか江戸川病院スポーツ医学科(東京都葛飾区)|メディカルプラザ市川駅スポーツ医学科(千葉県市川市)

専門分野・資格
 理学療法士(2010)
 NSCA CSCS(2009)
 修士(スポーツ科学2015)
 認定理学療法士 スポーツ理学療法(2016)

社会活動
 早稲田大学バレーボール部 トレーナー(2015年〜)
 日本陸上連盟トレーナー部会(2015年~)
 バレーボールユニバーシアード トレーナー(2016年〜)

経歴
 2010年 首都大学東京健康福祉学部理学療法学科卒業
 2015年 早稲田大学大学院スポーツ科学部修士課程修了
 2015年 江戸川病院リハビリテーション科スポーツリハビリテーション
 2016年 かつしか江戸川病院リハビリテーション科
     江戸川病院リハビリテーション科スポーツリハビリテーション非常勤

コメント
 傷害予防のためのメディカルチェック、受傷後の競技復帰に向けたアスレチックリハビリテーションを行っております。
 リハビリテーションの立場でスポーツをする人達を支えて行きたいと思います。

論文・書籍
 身長に対して足長の小さい中学生サッカー選手は大きいスパイクを選択している,靴の医学,201
 女性サッカー選手の足部形態の特徴、およびスパイク適合性の調査,靴の医学,2015
 社会人女子サッカーチームにおけるメディカルチェック-足関節内がえし,外がえし肢位の違いに着目して-,足の外科,2016
 中学生男子サッカー選手の足部形態,および足長とスパイク長の差と足部障害の調査,臨床スポーツ医学会誌,2017
 捻挫を繰り返す女性サッカー選手の足関節内がえし可動域,Journal of athletic rehabilitation 2018
 アスリートの靴(サッカー),monthly of orthopedics 2018