江戸川病院スポーツ整形外科|東京都江戸川区・葛飾区・千葉県市川市|膝・肘・肩の痛みなどご相談ください。|スポーツ整形外科ブログ

江戸川の河川敷で日々汗を流す野球少年は多く、学童軟式野球だけでも70チームを超える規模を誇ります。江戸川病院スポーツ医学科では、将来の活躍を夢見る少年少女たちのけがの予防に取り組みます。

近年の少子化を背景に、スポーツする子供としない子供の二極化がすすみ、競技人口はどのスポーツでも全国的に減少しています。また、幼少期の遊びのスタイルの変化によって、自分の身体を上手に使える子供が少なくなっています。一方、競技志向の高まりからひとつの競技に特化した身体機能の偏りも指摘されています。つまり、十分な準備のない身体で無理に競技を続けることは、スポーツ障害を引き起こす大きな要因なのです。

12月13日 希望いただいた数チームから開始する野球検診ですが、今後は運営上のノウハウを蓄積し、近い将来大規模な野球検診事業へと発展させて行く予定です。また、野球以外のスポーツ検診も視野に今後の活動を吟味していきます。これからの江戸川病院スポーツ医学科にご期待ください。

注意:現在12月13日に行われる検診の募集は行っておりません。あらかじめご了承下さい。

江戸川病院スポーツ医学科
医師:岩本航
理学療法士:我妻浩二