江戸川病院スポーツ整形外科(東京都江戸川区)|かつしか江戸川病院スポーツ整形外科(東京都葛飾区)|メディカルプラザ市川駅スポーツ整形外科(千葉県市川市)

概要

 まず、“インピンジメント”とは“衝突・挟まる”という意味です。

 肩関節を安定させるためには筋肉や靭帯、腱などがあります。

 一般的にインナーマッスルまたは腱板(けんばん)と言われている筋肉が肩関節を包み込むように存在しています。また、肩関節には肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)という袋が骨と筋肉の間に存在することで、腱板が動きやすいようにクッションのように衝撃を吸収して腱板を保護しています。

 インピンジメント症候群とは肩をあげたり動かすときに腱板や滑液包などが肩関節で“衝突したり挟まる”ことで痛みを起こして、それ以上に動かすことができなくなる症状の総称です。
 
 
 インピンジメントには二種類あります。

  1. 肩関節で骨に腱板と滑液包が衝突することをエクスターナルインピンジメントまたは肩峰下インピンジメントと言われています。
  2. 肩関節で骨に土手のように付着している関節唇(かんせつしん)が衝突することをインターナルインピンジメントと言われています。これは投球障害肩で最近注目されています。

 
 

原因

 エクスターナルインピンジメントまたは肩峰下インピンジメントは生まれつき骨が変形している場合や骨に骨棘(こつきょく)という“トゲ”ができている場合に起こることがあります。その他に加齢による腱板の変性や血行不全、日々の姿勢や動作の積み重ねで少しずつ症状が起こる場合です。具体的には猫背のような同一姿勢や腕を頻繁にあげることによって筋肉や靭帯などに損傷が起きます。

 また、転倒・転落などの事故やスポーツによる外傷で体に耐えきれない負荷が瞬間的に生じて、筋肉や靭帯などに損傷が起こる場合です。スポーツでも体に負担のかかる動きを繰り返すと起きることもあります。
 
 

治療

 保存的治療としては痛みが強い場合には痛みを感じる動作を避け三角巾などで安静にすることです。その他に痛みの軽減には消炎鎮痛剤などの薬物療法や局所注射療法が行われます。さらに痛みの軽減に伴い、理学療法で肩関節や肩甲帯(けんこうたい)だけでなく体幹・下肢の動きを整えることで機能改善を得られることがあります。これらの治療を行っても症状や機能が改善されない場合には観血的治療として手術が行われる場合もあります。