江戸川病院スポーツ整形外科|東京都江戸川区・葛飾区・千葉県市川市|膝・肘・肩の痛みなどご相談ください。|スポーツ整形外科ブログ

腱板とは、肩の深いところにある筋肉です。

腱板2a50代以降になると、使いすぎなどにより腱板が傷つきすりきれる事があります。(腱板断裂)

腱板板断裂がおきると、肩を動かすとひっかかって痛い、うまく力がいれられず手があげにくいなどの症状がおこります。

white

sports2

腱板断裂(けん板断裂)の治療は痛み止めの注射やリハビリテーションが中心です。

数ヶ月しても症状が改善しない場合、当院では関節鏡を使った手術や血管内治療を行っております。

 

 

 

鏡視下腱板修復術

腱板断裂1
1 腱板断裂を確認:  骨から腱板が剥がれ穴があいている

 
 

腱板断裂2
2 骨にアンカー(糸のついたビスのようなもの)をうち腱板に糸を通しているところ
 
 

腱板断裂3
3 通った糸を骨に固定して手術を終了

white

マスメディアでの紹介

岩本先生が、NHK「ゆうどき」 ~ 明日からデキる!生活向上委員会「肩の痛み 実は“けん板断裂”かも!?」 ~ に出演しました。 <2014年6月17日放送>