江戸川病院スポーツ医学科(東京都江戸川区)|かつしか江戸川病院スポーツ医学科(東京都葛飾区)|メディカルプラザ市川駅スポーツ医学科(千葉県市川市)

概要

 投球動作の繰返しによって肩に痛みを生じ、投球が困難な状態をいいます。

 日常生活では困らないことがほとんどですが、休んで痛みがなくなっても、投球を再開するとまた痛みがでる…。なんの対処もせずに復帰するとこのような悪循環を招いてしまいます。

 投球障害肩は、ボールを投げる動作をすることで痛みを生じるため、肩を壊してしまうような“投げ方そのもの”が最大の原因と考えます。
 
 

原因

 投球の一般的な動きはワインドアップから始まりフォロースルーまでとなります。この中で肩への負担が最も大きいのは、ボールリリース前の腕を加速している時期で、痛みの訴えが一番多いとされています。投球フォームが原因と思われがちですが、身体機能の低下が悪いフォームを作り出していることがほとんどです。
 
 

治療

 肩を痛めてしまう選手に多い傾向としては、肩甲骨の動きが硬い、股関節が硬いなど、身体の柔軟性が大きく関与しているようです。したがって、治療では身体の柔軟性を向上し、肩に負担が集中することを防ぎます。

 少年野球で肩・肘を痛めやすい傾向はスポラボという以下のリンクで詳しく説明されています。
http://supolab.jimdo.com