江戸川病院スポーツ医学科(東京都江戸川区)|かつしか江戸川病院スポーツ医学科(東京都葛飾区)|メディカルプラザ市川駅スポーツ医学科(千葉県市川市)

概要

 膝蓋骨が膝の外側(稀に内側)にずれて脱臼してしまう障害です。

 特に,若い女性に多くみられ,ジャンプや踏みなどで大腿四頭筋が強く収縮した時や,接触などで膝蓋骨が外側に強制された時などに生じ,膝の変形や痛み腫れを生じます。

 生れつき関節が柔らかい人や,膝蓋骨と大腿骨の滑走の不適合などが素因としてあることも多く,初回脱臼後反復して脱臼を繰り返すこともあります。

 脱臼は自然に整復されることもありますが,脱臼・亜脱臼を繰り返すと膝関節の軟骨損傷や関節面の部分骨折を引き起こしてしまいます。また膝蓋骨の不安定感や動作時の恐怖感・痛みが残ります。
 
 

治療

 脱臼時は,整復と装具などによる脱臼の再発の防止する適切な処置が必要ですが,脱臼を反復する場合や不安定感・痛みのある場合,軟骨や骨の損傷がある場合など手術加療が必要な場合も少なくありません。特にスポーツ活動の継続を希望する場合,適切な治療方針を相談の上決定していく必要があります。