江戸川病院スポーツ整形外科(東京都江戸川区)|かつしか江戸川病院スポーツ整形外科(東京都葛飾区)|メディカルプラザ市川駅スポーツ整形外科(千葉県市川市)

概要

 運動中の突然死は、運動習慣のない者が激しい運動をした時にのみ起こるわけではなく、トップレベルの運動を続けてきたアスリートでも起こりえます。
 海外プロサッカー選手の試合中の突然死や、某タレントがマラソン中に心肺停止になった事はニュースにもなりました。
 近年ブームのランニング中も注意が必要です。1000万人以上のマラソンランナーを調べたアメリカの研究結果では、マラソン中の心肺停止は1090万人中59人に発生しており、ハーフマラソン中に比べるとフルマラソンでは4倍以上心肺停止のリスクが高い、という結果でした1。
 

原因

 中高年では、動脈硬化による心臓の冠動脈疾患が主な原因です2。
 若年者では、肥大型心筋症が最も多い原因で、次に冠動脈の先天異常が多いです3。青年期まで問題なく運動を続けられていても上記の疾患を有している例はありますので、注意が必要です。
 

治療

 メディカルチェックでの事前のリスク評価しか防ぐ方法はありません。イタリアの研究で、事前のメディカルチェックによりアスリートの突然死が著名に減少した4、という報告もあり、現状唯一にして効果的な突然死対策です。
 突然死予防のメディカルチェクとしては、胸部レントゲン、心電図、問診票などを行い、疑わしい場合は心臓超音波検査などを追加して詳しく調べていきます。
 
 

sports-zu1
『グラフ. イタリアベネト州におけるメディカルチェックによる突然死数の減少4、
 
 
 
 

引用文献

  1. Kim, Malhotra & Chiampas. Cardiac arrest during long-distance running races. (2012).
  2. Corrado, Migliore, Basso & Thiene. Exercise and the risk of sudden cardiac death. (2006).
  3. Maron, B. et al. Recommendations and Considerations Related to Preparticipation Screening for Cardiovascular Abnormalities in Competitive Athletes: 2007 Update A Scientific Statement From the American Heart Association Council on Nutrition, Physical Activity, and Metabolism: Endorsed by the American College of Cardiology Foundation. Circulation 115, 1643–455 (2007).
  4. Corrado, D. et al. Trends in sudden cardiovascular death in young competitive athletes after implementation of a preparticipation screening program. Jama 296, 1593–1601 (2006).